ファスティングの効果っていつから?必要な日数と後悔しない過ごし方

ファスティングの効果っていつから?必要な日数と後悔しない過ごし方 基礎知識

ファスティングは体内の細胞を回復させたり、脂肪や糖質の分解、排出をしてくれたりなどのデトックス効果が高く、体質のリセットやダイエットなどのプラス効果も注目されている人気の健康法です。

ここでは安心して行うための注意点や、効果的なやり方、期間、得られるダイエット効果などのメリットを紹介していきます。

効果的なファスティングに必要な日数は?

ファスティングと一口に言っても、目的によって実践する期間が異なります。

1日行うだけでもデトックス効果が表れますし、3日間行った場合は脂肪燃焼や本来の内臓機能の回復など、体質改善効果が望めます。

デトックスなら半日や1日でもOK

いわゆるプチ断食で、丸1日の断食や、朝食や夕食を酵素ドリンクに置き換えるだけの16時間断食などの方法があり、ハードルが低いファスティングです。

固形物を食べないことで、体が老廃物の排出に専念する時間を与える事ができます。

1日であれば1週間に1度、半日や16時間であれば毎日行うなど、必ず酵素ドリンクを併用した安全なやり方で生活に取り入れると体重を減少させる効果も期待できます。

本来の健康を取り戻すなら3日を推奨

固形物を口にすると、内臓は消化と吸収に追われます。そこで固形物を食べないようにして内臓を休ませる事によって内臓本来の働きを取り戻します。

本来の働きを取り戻す為には、ファスティングによって3日間内臓を休ませる必要があると言われています。

期間中は固形物を食べずに、空腹時には良質な水やエネルギー不足を補うための酵素ドリンクを摂取します。

酵素ドリンクには最低限のカロリーやビタミンなどの栄養素が含まれていて、飢餓状態をやわらげ、脂肪を分解してエネルギーに変えてくれる効果もあるのです。

ファスティング中の効果的な過ごし方

ファスティング中の効果的な過ごし方

せっかくですから、始めから終わりまで無駄のないファスティング期間を過ごしたいですよね。

失敗なくファスティングを終え、成功させることが大切。そのための過ごし方を解説します。

準備食期間

いきなり断食を始めるのではなく、消化吸収がしやすい食材を食べる期間を事前につくりましょう。1、2日が目安です。固形物をとらないための慣らし期間でもあります。

油物などの消化がしづらいものを避け、野菜、味噌汁、納豆やキムチといった発酵食品などの酵素を含んだ食材を、よく噛んで腹八分目まで食べる事を心掛けましょう。

咀嚼をよくする事や満腹度を抑える事は、胃に負担をかけない為には必要な行為です。

断食期間

ついに固形物をとらない期間に入ります。上記のように、自分の目的に応じて1~3日間行っていきましょう。

期間中は、水や酵素ドリンクなどの水分を中心に摂取するので体が冷えやすくなります。冷えは代謝を落とし、体調不良にも繋がりますので体を冷やさない工夫をしてください。

摂取する水も冷えたものは避けて一度に大量摂取をしないように心掛けましょう。水の量は1日2Lを目安にこまめに飲んでください。

回復食期間

回復食期間は通常の食事へ戻す為と、そして失敗しない為にも重要な期間となります。消化吸収力が高まり、食べた物が体につきやすくなっているからです。

1日目は固形物をとらないようにします。お粥やおもゆなど、胃の負担にならないものを焦らずにゆっくりと咀嚼し、十分に味わってください。

2日目はお粥や準備食期間と同じ、消化吸収のよい食べ物を、ゆっくりと味わいながら食べます。

ファスティングを成功させるポイント

便秘が解消するなど、体質が変化し減量ができた後はリバウンドをしない様にしましょう。

ファスティングを失敗させない注意点は以下の通りです。

  • 準備食期間を適当にしない
  • 回復食期間も手を抜かない
  • 添加物を避ける
  • 発酵食品を積極的に摂取する
  • よく噛む
  • アルコール・カフェインを控える
  • 『まごわやさしい』の胃に優しい食生活
  • 体を冷やさない

大切なのは、無理なく楽しむことが一番ですね。

タイトルとURLをコピーしました